画像2.png

私たちについて

あちこちに刺激が落ちている

世界トップレベルの科学技術研究開発法人として研究分野(環境・エネルギー、ライフサイエンス、システム・情報科学技術、ナノテクノロジー・材料等)、SDGs-ESDを推進する未来共創イノベーションをICT先導ハイテク企業(AI、IOT 5G blockchain 量子コンピューティング 、メタバース技術、DX バイオ技術等最先端技術で研究開発・高品質で独創的技術開発特許製品提供・販売

ストーリー

画像2.png

社  名

株式会社最先端技術研究所 

カブシギカイシャサイセンタンギジュツケンキュウショ

CUTTING-EDGE TECHNOLOGY LAB

法人番号4122001035653

設  立

令和4年3月9日

代表取締役

多原紅紅

取締役

国龍

顧  問

弁護士・税理士・社労士

加盟会員

大阪商工会議所、東大阪市工会議所

決算期

2月末

資本金

1,000万円

認可・認定

一般労働者派遣事業資格  許可

プライバシーマーク資格

 情報セキュリティマネジメントシステム認証

CMM5企業

ISO9000企業

​SDGGS企業

ECO認証企業

​Reseach 

次世代エネルギーシステム創造戦略グリーンラボ

21世紀はライフサイエンスの時代と言われています。高齢化、ストレスなどにより増えた癌、脳疾病、アレルギーといった病気の解明。地球環境保全の観点からも、バイオエネルギーの開発、化学物質に依存しない生物農薬、安全な食品の開発などが課題になっています。このような背景のもと、応用生物学域ではこれらの課題を解決できる知識、技能、判断力を備えた高度技術者・研究者チーム、バイオテクノロジーが現代社会に果たした役割は大きなものがあります。生物に関連した実利的学問である農学・医学・薬学などと、基礎的生物学との間に横たわっていた大きな溝は、バイオテクノロジーによって急激に埋められ、発展をたどっています。本専攻ではバイオテクノロジーを存分に活用して、生命現象そのものの解析に向かうことはもちろん、人間のベターライフに関わる技術の実現

 新素材イノベーションラボ

今日、汎用の身近な物質や材料から最先端科学を支える物質や材料、エネルギーの生産・貯蔵・輸送を担う物質や材料、環境に優しい物質や材料、さらには生体分子など生命とつながりをもつ物質や材料の革新が、物質科学、材料科学さらには生命科学の発展に必要不可欠なものとなっています。そして、それらの科学領域が相互に結びついて、私たちの社会生活を支えるナノテクノロジー、インフォメーションテクノロジー、バイオテクノロジー、環境テクノロジーが発展しています。このような背景の下、本学域では、先端の科学技術や物質・材料について広い視野をもち、次世代の物質・材料の探究・開発

工学機構

アルゴリズム、人工知能、機械学習、ディープラーニング、ビッグデータ解析、データマイニング、数理モデリング、数値解析、計算科学、ウェブ情報学、脳神経科学、量子情報、および、これらの境界領域等に関する新しい原理・理論や新たな応用への可能性を創出する先端研究

自然言語処理、コンピュータビジョン、画像処理、音響情報処理、コンピュータグラフィックス、データベース、ヒューマンインタラクション、ウェブマイニング、ソーシャルメディア、コミュニティ解析、メディアクローン生成・認識、機械学習・ディープラーニング応用等の展開に関する研究開発

都市・建築・デザイン

21世紀におけるストック型社会への転換を強く意識し、既存の都市・建築を活用すべきストックとしてとらえ、その保存・修復・再生、あるいはその保全に向けた総合的マネジメント能力を育成します。ストックとしての都市・建築の保存・修復・再生能力、あるいはその保全に向けた総合的マネジメント能力を身に付けた、当該分野のリーダーとなりえる都市・建築専門家、具体的には再生・リデザインを得手とする建築家、修復建築家、都市・建築プランナー、ヘリテージマネージャー、構造・環境技術者等を育成します。そのため、授業科目として企業のみならず地域や海外でのインターンシップを正式に位置付け、多様な建築実務経験を積極的に促しています。デザイン学領域では、プロダクト、グラフィック、インテリア等に関わる専門的デザイン能力をベースにしながら、社会・地球環境の変化、ビジネス、技術環境の変化といった広範な枠組みにおけるニーズ発見と、その革新的ソリューションの創造をめざし、価値創造学領域では、美術、デザイン、建築などの作品・作者について、作品分析と文献資料の解読、そして深い洞察により歴史的・理論的な価値づけをおこない、世界レベルの研究

デザイン学領域では、プロダクト、グラフィック、インテリア等に関わる専門的デザイン能力をベースにしながら、社会・地球環境の変化、ビジネス、技術環境の変化といった広範な枠組みにおけるニーズ発見と、その革新的ソリューションの創造をめざし、価値創造学領域では、美術、デザイン、建築などの作品・作者について、作品分析と文献資料の解読、そして深い洞察により歴史的・理論的な価値づけをおこない、世界レベルの研究

cate-21-13-0-0-0-0-0-0-0-0.jpg
Screenshot 2022-8-27 at 12.18 AM.png
画像1.jpg

チームの面々

世界トップレベルの科学技術研究所として研究分野(環境・エネルギー、ライフサイエンス、システム・情報科学技術、ナノテクノロジー・新材料等)、SDGs-ESDを推進する未来価値創成サイエンス先導科学研究所(バイオテクノロジー・環境・エネルギー・新材料、医薬品、医療機器・ヘルスケア、再生・細胞・遺伝子治療、ゲノム・データ基盤、疾患基礎研究、シーズ開発・研究基盤等)幅広い研究分野を軸にで研究開発・高品質で独創的技術開発特許製品提供販売

クライアント

26753533_211753932261_2.jpg
uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFmly9Z6Tp50y83l8vHBuyq-CS1RvIh9aJf14sFsiA2198-uNMrEBV0o02owFsDSQRhKpda
uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFi9yrQXh6avYqqVdgqvBtiCaArZ038dgzq0AjLCkVL83dd2wtZP0oXGnTjgtoCrlpaKM8G
uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFi9yrQXh6avYqqVdgqvBtiCaArZ038dgzq0AjLCkVL83dd2wtZP0oXGnTjgtoCrlpTsg0p
uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFi9yrQXh6avYqqVdgqvBtiCaArZ038dgzq0AjLCkVL83dd2wtZP0oXGnTjgtoCrlpWdkEk